T.J.ルドルフ クニーチ(英語表記)Theophil Josef Rudolf Knietsh

20世紀西洋人名事典の解説

T.J.ルドルフ クニーチ
Theophil Josef Rudolf Knietsh


1854 - 1906
ドイツの化学技術者。
ベルリン工業大学で化学と冶金学を学ぶ。染料工場に勤務後、1884年BASF社に入社。そこでナフタリンを原料とするインジゴの合成法の開発に従事する。’98年接触法による硫酸製造法の工業化に成功し、無機化学工業を一新する。この接触法硫酸製造法の工業化によって、アリザリンやインジゴのような合成染料が大量に生産できるようになった。また’88年塩素ガスの工業的液化法を完成。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android