コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

TAC制度 たっくせいど/TACせいど/てぃーえーしーせいど fisheries management by TAC system

1件 の用語解説(TAC制度の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

TAC制度

200カイリ漁業水域において、魚種ごとに総漁獲可能量(TAC : total allowable catch)を定め、漁獲総量を規制することによって海洋生物資源の保存を図ろうとする制度。国連海洋法条約は、沿岸国に対しTACに基づく漁業管理によって、水産資源を量的に管理することを求めている。TAC制度は海洋生物資源の保存及び管理に関する法律によるもので、この法律をTAC法と呼ぶ場合もある。2006年現在、日本ではマアジ、サバ類、マイワシスケトウダラサンマズワイガニ、スルメイカの7魚種にTACを設定。

(榎彰徳 近畿大学農学部准教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

TAC制度の関連キーワード漁業専管水域漁区専管水域日韓漁業協定日ソ漁業協力協定日ソ漁業条約国連海洋法条約UNCLOS漁業権漁業地域漁業管理機関

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone