コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

TRMM とりむ/てぃーあーるえむえむ/TRMMTropical Rainfall Measuring Mission

5件 の用語解説(TRMMの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

TRMM

熱帯降雨観測衛星」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

トリム【TRMM】[Tropical Rainfall Measuring Mission]

Tropical Rainfall Measuring Mission》日米共同による熱帯降雨観測計画およびその地球観測衛星の名称。平成9年(1997)11月に観測衛星が打ち上げられ、当初の設計寿命の3年を大きく上回り、平成27年(2015)4月まで運用を継続。降雨レーダー、マイクロ波観測装置を搭載し、熱帯の降雨や海面水温、雲の分布に関する観測を行った。平成26年(2014)2月、同計画を引き継ぐ全球降水観測計画GPM)の主衛星が打ち上げられた。TRMM衛星熱帯降雨観測衛星

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

TRMM

〖Tropical Rainfall Measuring Mission〗
熱帯降雨観測衛星。日米で共同開発。宇宙からマイクロ波レーダーで降雨を観測する。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

知恵蔵miniの解説

TRMM

地球の状況を診断するため熱帯の降雨観測を行う人工衛星TRMMは「熱帯降雨観測衛星」(Tropical Rainfall Measuring Mission)の略称。1985年9月、米国航空宇宙局(NASA)より日米共同衛星計画として提案され、宇宙航空研究開発機構(JAXA)と通信総合研究所が参画。91年に開発開始され、97年11月28日に、種子島宇宙センターからH-IIロケット6号機により打ち上げられた。軌道上の大きさは長さ5.1メートル・幅14.6メートル・総重量3524キログラム。降雨レーダー・TRMMマイクロ波観測装置・可視赤外観測装置・雲及び地球放射エネルギー観測装置・雷観測装置の五つの観測センサーが搭載されており、観測されたデータは日米両国で処理され一般に配布されている。当初計画の設計寿命は3年だったが、2001年8月から軌道を上げて観測を継続していた。14年2月には、後継機「GPM」が種子島宇宙センターから打ち上げられた。14年8月12日、NASAは、TRMMの軌道維持のための推進剤が残りわずかとなり、高度402キロメートルの軌道から降下し始めていることを公表。16年2月に大気圏に突入し燃え尽きると予想されている。

(2014-8-19)

出典|朝日新聞出版
知恵蔵miniについて | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

TRMM
トリム

熱帯降雨観測計画」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

TRMMの関連情報