コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

TRMM とりむ/てぃーあーるえむえむ/TRMM Tropical Rainfall Measuring Mission

5件 の用語解説(TRMMの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

TRMM

熱帯降雨観測衛星」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

トリム【TRMM】[Tropical Rainfall Measuring Mission]

Tropical Rainfall Measuring Mission》日米共同による熱帯降雨観測計画およびその地球観測衛星の名称。平成9年(1997)11月に観測衛星が打ち上げられ、当初の設計寿命の3年を大きく上回り、平成27年(2015)4月まで運用を継続。降雨レーダー、マイクロ波観測装置を搭載し、熱帯の降雨や海面水温、雲の分布に関する観測を行った。平成26年(2014)2月、同計画を引き継ぐ全球降水観測計画GPM)の主衛星が打ち上げられた。TRMM衛星熱帯降雨観測衛星

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

TRMM

〖Tropical Rainfall Measuring Mission〗
熱帯降雨観測衛星。日米で共同開発。宇宙からマイクロ波レーダーで降雨を観測する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

TRMM

地球の状況を診断するため熱帯の降雨観測を行う人工衛星TRMMは「熱帯降雨観測衛星」(Tropical Rainfall Measuring Mission)の略称。1985年9月、米国航空宇宙局(NASA)より日米共同衛星計画として提案され、宇宙航空研究開発機構(JAXA)と通信総合研究所が参画。91年に開発開始され、97年11月28日に、種子島宇宙センターからH-IIロケット6号機により打ち上げられた。軌道上の大きさは長さ5.1メートル・幅14.6メートル・総重量3524キログラム。降雨レーダー・TRMMマイクロ波観測装置・可視赤外観測装置・雲及び地球放射エネルギー観測装置・雷観測装置の五つの観測センサーが搭載されており、観測されたデータは日米両国で処理され一般に配布されている。当初計画の設計寿命は3年だったが、2001年8月から軌道を上げて観測を継続していた。14年2月には、後継機「GPM」が種子島宇宙センターから打ち上げられた。14年8月12日、NASAは、TRMMの軌道維持のための推進剤が残りわずかとなり、高度402キロメートルの軌道から降下し始めていることを公表。16年2月に大気圏に突入し燃え尽きると予想されている。

(2014-8-19)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

TRMM
トリム

熱帯降雨観測計画」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

TRMMの関連キーワード気象観測船診断天の北極海洋気象観測船地球観測システム計画地球の日熱帯降雨観測計画熱帯降雨観測衛星合成開口レーダー身体的栄養診断

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

TRMMの関連情報