コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輸入感染症 ゆにゅうかんせんしょうinfectious diseases from foreign countries

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

輸入感染症
ゆにゅうかんせんしょう
infectious diseases from foreign countries

コレラ,赤痢腸チフスなど国内ではほとんど見られなくなった感染症が,海外旅行者の増加や国際交流の発展につれてふえている。海外で感染した日本人や外国人が国内に入って発症する例が大半を占めるが,輸入食品によるものもある。輸入先としては,赤痢がインド,タイ,インドネシアコレラがフィリピンなど,マラリアはアジア,アフリカ諸国が多い。今後持込みが心配されるのはラッサ熱マールブルグ病エボラ出血熱など症状がきわめて重篤な国際伝染病のほか,デング熱黄熱病などのウイルス疾患などがあり,この種のまれな感染症をただちにチェックできる体制作りが急がれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

輸入感染症

海外で流行している病気が、旅行者や輸入食品等を通じて国内に持ち込まれる感染症。旅行者感染症は、赤痢、コレラ、チフス、毒素原性大腸菌感染症などがあり、また、下痢を起こす旅行者下痢症の原因はウイルス、原虫、寄生虫など様々で、複数の微生物感染によるものも多い。熱帯性熱病のラッサ熱やエボラ出血熱、マールブルグ病などの国際伝染病も含まれる。

(今西二郎 京都府立医科大学大学院教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

栄養・生化学辞典の解説

輸入感染症

 国内に常在せず輸入品,輸入動物,帰国者などが国内へ持ち込むことによって発生する感染症.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ゆにゅうかんせんしょう【輸入感染症】

旅行者や輸入食品により海外から持ち込まれる感染症。コレラ・ペスト・黄熱病・マラリアなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

輸入感染症
ゆにゅうかんせんしょう

もともと国内では発生したことがない、もしくは国内では撲滅されたとされるが、おもに海外で感染して国内に持ち込まれる感染症。海外渡航者が感染したまま国内に持ち込んで発症することが多いため、旅行者感染症ともよばれる。海外では症状が軽かったために感染に気づかず、帰国してから異常を自覚して医療機関を受診して発覚する例も多い。輸入された動物もしくは汚染された輸入食品を介した例も報告されている。日本での輸入感染症の代表的なものには、コレラや細菌性赤痢をはじめとする旅行者下痢症、腸チフス、マラリアなどがある。ほかに、デング熱、ラッサ熱、コクシジオイデス症、ヒストプラズマ症、ブルセラ症、ウイルス性肝炎などがある。感染予防には、渡航前の予防接種や、渡航先で加熱調理された食品をとることなどが有効とされる。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

輸入感染症の関連キーワード輸入感染症と皮膚の病変アメーバ赤痢腸管感染症公衆衛生E型肝炎