コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ULSI(読み)ユーエルエスアイ

デジタル大辞泉の解説

ユー‐エル‐エス‐アイ【ULSI】[ultra large scale integration]

ultra large scale integration》1チップ当たりの半導体素子集積度が1000万個を超える集積回路
[補説]1970年代以降1990年代に至るまで、集積化技術の向上にともない、集積度が1000~10万個程度のLSI、10万~1000万個程度のVLSI、1000万個を越えたULSIが登場し、それぞれを区別したが、2000年代になってからはこのような区別をせず、集積回路全般をLSIまたはICと呼称することが多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

ユーエルエスアイ【ULSI】

素子の集積度(素子数)がVLSIを上回るIC。◇「ultra large scale integration」の頭文字から。「ウルトラLSI」「超々LSI」「超々大規模集積回路」ともいう。また、単に「チップ」ともいう。⇒IC

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ULSI

〖ultra large-scale integration〗
1 つのチップにはいるトランジスタなどの回路素子の集積度を VLSI よりもさらに高くしたもの。超々 LSI 。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ULSIの関連情報