コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

V-Low帯 ぶい・ろーたい

知恵蔵miniの解説

V-Low帯

地上放送の完全デジタル化によって空いたアナログ放送1~3チャンネル(90~108MHz)の周波数帯。正式名称はVHF-LOW。地域ごとに異なった情報を送信できることが特徴。総務省がローカルなマルチメディア放送(デジタルラジオ)に再利用する計画を立てていたが、巨額の設備投資が必要であるため、2013年2月現在、民放各局一丸となってのデジタル化は困難な見通しとなっている。高層ビル化の進行や電子機器の普及でAM放送が聞こえにくくなっていることから、同省や一部のAM局では同帯域をFMアナログ放送に充て、AM放送から移行する案も浮上している。

(2013-3-4)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

デジタル大辞泉の解説

ブイロー‐たい【V-Low帯】

VHF Low band》日本の地上アナログテレビ放送で使われていたVHF帯(超短波)のうち、1~3チャンネルに相当する周波数帯(90MHz~108MHz)。平成23年(2011)7月に地上デジタルテレビ放送への移行に伴って空いた周波数帯であり、ラジオ放送のデジタル化などへの転用が検討されている。→V-High帯

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

V-Low帯の関連キーワードVLow帯マルチメディア放送idio

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android