コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

V-Low帯 ぶい・ろーたい

2件 の用語解説(V-Low帯の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

V-Low帯

地上放送の完全デジタル化によって空いたアナログ放送1~3チャンネル(90~108MHz)の周波数帯。正式名称はVHF-LOW。地域ごとに異なった情報を送信できることが特徴。総務省がローカルマルチメディア放送(デジタルラジオ)に再利用する計画を立てていたが、巨額の設備投資が必要であるため、2013年2月現在、民放各局一丸となってのデジタル化は困難な見通しとなっている。高層ビル化の進行や電子機器の普及でAM放送が聞こえにくくなっていることから、同省や一部のAM局では同帯域をFMアナログ放送に充て、AM放送から移行する案も浮上している。

(2013-3-4)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ブイロー‐たい【V-Low帯】

VHF Low band》日本の地上アナログテレビ放送で使われていたVHF帯(超短波)のうち、1~3チャンネルに相当する周波数帯(90MHz~108MHz)。平成23年(2011)7月に地上デジタルテレビ放送への移行に伴って空いた周波数帯であり、ラジオ放送のデジタル化などへの転用が検討されている。→V-High帯

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

V-Low帯の関連キーワードデジタル放送地上デジタル放送チューナー地上波デジタルテレビ放送地上波デジタル放送デジタルTVチューナーデジタルテレビ放送デジタル放送推進協会おとなのデジタルTVnaviデジタル放送の日地上デジタル放送の完全移行

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone