コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

V. ブイV.

翻訳|V.

デジタル大辞泉の解説

ブイ【V.】[書名]

米国の小説家ピンチョンの処女長編小説。1963年刊。フォークナー賞を受賞。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

v.

ラテン versus〗
(訴訟・競技などで)「…対…」の意。vs.とも。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

V.
ぶい

アメリカの小説家トマス・ピンチョンの長編デビュー作。1963年刊。短編『低地』(1960)、『エントロピー』(1960)などで、科学的概念を核に、多様な芸術ジャンルからの自由な引用によって豊かな比喩(ひゆ)空間を築き上げたピンチョンは、この作品で、20世紀西洋の歴史の総体を一つのエントロピー増大システムに見立て、差異消滅、秩序崩壊、殺戮(さつりく)と退廃と無機物化の進行を、謎(なぞ)の女V.の跳梁(ちょうりょう)の飛跡として描出した。
 歴史小説、探偵小説、ゴシック小説、ブラック・ユーモア、終末的SF小説の要素をあわせもつこの野心作は、さまざまな語りの手法のコラージュであるとともに、「V.とは何か」という探究を通して、認識とパラノイアをめぐる高度に抽象的なテーマを展開させる。「歴史をつかさどる力」のシンボルとして提示されるV.は、表面的には男性化・無機物化していく女神のイメージを伴うが、そのような具体的イメージは、情報の過剰によってつねに拡散させられ、その結果読者は意味の豊穣(ほうじょう)と意味の空虚とを同時に味わうことになるのである。この認識論的パフォーマンスは、次作『競売ナンバー49の叫び』(1966)でますます磨きがかかり、凝縮されていくことになる。[佐藤良明]
『三宅卓雄他訳『V.』全2冊(1979・国書刊行会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

V.の関連キーワードスタニスラフスキー・ネミロビッチ=ダンチェンコ劇場バレエ団エイビンド・O.V. ユーンソンAppleモデムアップデータI. クラチコフスキー私がウォシャウスキーV.S. ナイポールV. ヴェルナツキーコペンハーゲン学派ホーボーケン番号ジャンヌー[山]イワヅタ(岩蔦)クラチコフスキーV. ヴォルテラセラピオン兄弟ササゲ(豇豆)ラエウィウスボイスモデムクランベリーボロンツォフケッヘル番号

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

V.の関連情報