W.G. ペンフィールド(英語表記)Wilder Graves Penfield

20世紀西洋人名事典の解説

W.G. ペンフィールド
Wilder Graves Penfield


1891.1.26 - 1976
カナダの脳神経外科学者,大脳生理学者。
元・マッギル大学教授,元・モントリオール神経学研究所所長
スポカン(米国)生まれ。
プリンストン大学卒業後オックスフォード大学で学び、1918年ジョンズ・ホプキンズ大学で医学博士号取得、コロンビア大学で脳外科医を経て’28年モントリオールのマッギル大学教授となる。’34年モントリオール神経学研究所を設立し所長となり、’61年引退。手術時に露出されたヒト大脳皮質を電気刺激しその結果生じる反応を調べ、精密な大脳の機能地図を作り、さらに手術時に側頭葉を電気刺激する事により、フラッシュ・バック現象を発見。てんかんの臨床解剖学的分類でも有名である。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android