コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

X線バースター Xせんばーすたー/えっくすせんばーすたーX‐ray burster

知恵蔵の解説

X線バースター

X線バースト(X線光度が急に10倍以上増す現象)を起こす特異X線星。バーストは温度が2000万〜3000万K(ケルビン)の熱放射だと考えられている。中性子星と普通の星が連星系を作っており、普通の星の外層大気のガスが中性子星の表面に降り積もり、その量が限度を超えると核融合反応が始まり、X線バーストになると考えられている。現在までに数十個発見されている。

(谷口義明 愛媛大学宇宙進化研究センターセンター長 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

エックスせん‐バースター【X線バースター】

X線の強度が数秒から数百秒の間に10倍以上増加するX線天体近接連星系をなす磁場の弱い中性子星伴星からガスが流れ込み、中性子星表面で爆発的な核融合反応が起こることによってX線が発せられると考えられている。X線パルサーと異なり、パルス状の放射は見られない。またこのようなX線の増光現象をX線バーストという。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

X線バースター【エックスせんバースター】

突然爆発的にふだんの強度の10倍を超えるX線を放射する天体。ふつうは数十秒で元に戻る。この現象はX線バーストと呼ばれている。X線バースターは中性子星と質量の小さい普通の星からなる近接連星系で,バーストによるX線強度の低下とともにX線スペクトルに基づいて出した放射体の温度が低くなるものと,温度がほとんど変わらないものとの二つのタイプがある。
→関連項目X線星

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

X線バースターの関連キーワードX線観測衛星X線天文学X線連星白鳥

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android