コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Zバッファー法 ぜっとばっふぁほう

2件 の用語解説(Zバッファー法の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

Zバッファー法

3D画像の陰面処理を、グラフィックスメモリー内にZバッファーという領域を設けて行う技法。デプスバッファー法とも呼ぶ。グラフィックスメモリー内のフレームバッファーという画面表示用の領域に、ピクセル情報を書き込む際、そのZ値(奥行き位置情報)をZバッファーにも書き込む。フレームバッファー中の同じピクセルに色のデータを書き込む際には、書き込む物体のZ値とZバッファー中の値を比較し、そのデータがすでに描かれているデータの手前にあるときだけデータを書き込むようにすることで、手前側の物体だけが描かれる。この技法はアルゴリズムが単純で、ハードウェア化しやすく、多くの3Dアクセラレーターでこの処理を行うことが可能。ただし、Zバッファーを確保する分のメモリーを必要とする。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ゼットバッファー‐ほう〔‐ハフ〕【Zバッファー法】

Z buffer algorithm》コンピューターグラフィックスの三次元画像における隠面処理の一。画像を構成する各画素に色情報のほか奥行きの情報を加え、視点からは最も手前にある画素のみを描画し、陰になって見えない部分を消去する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

Zバッファー法の関連キーワードグラフィックスアクセラレーターグラフィックスメモリーグラフィックスワークステーション3Dグラフィックスグラフィックアクセラレーターグラフィック隠面処理グラフィックメモリー三次元グラフィックスホログラフィックメモリー

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone