コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多次元尺度法 multidimensional scaling

ブランド用語集の解説

多次元尺度法

多次元尺度法とは、データ間の類似度に関する情報が与えられたとき、データの位置関係を再現する手法のことをいう。

出典 (株)日本ブランド戦略研究所ブランド用語集について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多次元尺度法
たじげんしゃくどほう
method of multidimensional scaling

多次元尺度構成法ともいう。対象のもつ心理学的特性が単一の次元にそったものでなく,複雑な,多次元にそったものであると考えられる場合,それに一定の尺度値を与えるための手続きをさす。まず,当該の対象を含む一群の対象間の類似の程度を判断し,その結果に基づいて,それらの対象群にとって必要不可欠な心理的尺度を決め,それに応じて,一群の対象の尺度値が決定される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

多次元尺度法の関連キーワード多次元尺度構成法サーストン法尺度分析

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android