コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

eスポーツ いーすぽーつ

5件 の用語解説(eスポーツの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

eスポーツ

対戦型コンピューターゲームを用いた競技のこと。エレクトロニック・スポーツの略称。インターネット経由で、あるいは会場にてローカルエリアネットワーク(LAN)を用いて、多数の競技者がゲームで競い順位を決定する。2014年5月現在、1997年に設立された初のプロフェッショナルリーグ「Championship Gaming Series」を始め多くの大会が開催されており、特に米国・韓国において盛んとなっている。13年のeスポーツ大会の賞金総額は2500万ドル超、視聴者は7150万人超となった。日本でも盛んになってきており、13年11月にはeスポーツ専門ゲーム雑誌「WORLD GAME MAGAZINE JAPAN」(インフォレスト刊)が創刊され、14年4月よりeスポーツ情報番組「eスポーツMaX」(東京メトロポリタンテレビジョン)もレギュラー放送されている。

(2014-6-13)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

Eスポーツ

「電子スポーツ」の意味。野球など本当のスポーツのように、個人やチームがオンラインゲームで対戦し、観客は大型モニターなどで観戦して楽しむ。韓国のゲーム人口は99年の183万人から06年には1894万人に急増した。今年4月から始まったインターネット経由のテレビ放送は、実況中継や録画で計2600万人が視聴した。

(2007-10-30 朝日新聞 朝刊 2経済)

eスポーツ

個人やチームで対戦する格闘や射撃、サッカーなどのゲームを、電子機器を使って競うスポーツととらえた時の呼び方。英語の「エレクトロニック・スポーツ」の略。アジアオリンピック評議会が開く室内競技の大会では2007年から正式種目で、米韓などにプロリーグがある。

(2015-04-07 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

イー‐スポーツ【eスポーツ】

electronic sports》主に対戦型のコンピューターゲームで行われる競技のこと。高度な技能を競うコンピューターゲームをスポーツ競技の一種と見なしたもので、アジアや欧米ではプロリーグが存在する。エレクトロニックスポーツ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

eスポーツ
いーすぽーつ
e-sports

コンピュータ・ゲームやビデオゲームのうち、サッカーやカーレース、戦略シミュレーションシューティングなど、対戦型を主体とする競技。エレクトロニック・スポーツelectronic sportsの略。1990年代後半からアメリカヨーロッパ、韓国、中国などで人気が高まり、多数の競技者が参加する大会が開かれている。ゲームソフトやハードウェアメーカースポンサーとなったプロゲーマーが誕生し、彼らで構成されるプロチームが参加する大規模なゲームイベントでは、テレビやネット配信による中継が行われ、観戦者が数万人規模にのぼることもある。また、eスポーツのうち、サッカーやカーレースといったスポーツ分野の対戦型ゲームは、アジアオリンピック評議会(OCAOlympic Council of Asia)が主催する国際総合競技大会アジアインドア・マーシャルアーツゲームズにおいて、頭脳スポーツの正式種目になっている。
 eスポーツは、競技したいゲームのパソコンのオペレーティングシステム(OS)や家庭用ゲーム機器に適したゲームソフトを購入したうえで、通常はインターネット上のオンラインサービスを通じ、他のプレイヤーと対戦する方法で競技を行う。たとえば、Battle.netという無料のオンラインサービスは世界的に人気が高く、eスポーツのオンラインサービスとして草分け的な存在である。
 世界各国でeスポーツが盛んになった当時、日本ではインターネットに接続していない家庭用ゲーム機が広く普及していたことや、ブロードバンド回線の普及途上期にあったことなどの影響から、ほとんど広がりがみられなかった。また、チェスやビリヤード、ダーツなどは日本でゲームとよばれているが、海外ではスポーツ競技の一種として定着しており、そうした認識の違いが普及を妨げた面もあった。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

eスポーツの関連キーワードノイマン型コンピューター汎用コンピューター大型コンピューター衛星コンピュータコンピュータ・ゲームテレビゲームゲーマーTVゲームコンシューマーゲーム機プロゲーマー

eスポーツの関連情報