コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

software engineering ソフトウェアエンジニアリングsoftware engineering

IT用語がわかる辞典の解説

ソフトウェアエンジニアリング【software engineering】

ソフトウェアの開発・運用・保守に工学的な手法を適用した工学分野のひとつ。大規模な工業製品の製造と同じく、ソフトウェアを複数の機能や部分に分割した上で、作成・組み立て・テスト・進捗状況の把握など、総合的な生産管理を行おうとするもの。◇「ソフトウェア工学」ともいう。

出典|講談社IT用語がわかる辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソフトウェアエンジニアリング
そふとうぇあえんじにありんぐ
software engineering

コンピュータソフトウェアの計画、開発、検査、運用、保守、管理などのための技術や、それを研究する工学の一分野。
 コンピュータシステムの価格のうちソフトウェアのための価格が占める割合は、コンピュータの誕生まもない1955年ごろには20%未満であった。その後急激に高くなり、1990年代ごろには80~90%になった。これは、要求されるソフトウェアの規模が大きくなるとともに複雑になってきたことに起因する。さらに、要求されるソフトウェアがますます複雑になる一方で、それに対処するためのソフトウェア技術(開発技術および管理技術)が、それに伴わなくなってきたのである。その結果、(1)ソフトウェアはつねに納期に遅れ、コストがかかりすぎ、しかも当初の仕様を満たしていない、(2)ソフトウェアは信頼性がなく、永久に保守する必要がある、(3)ソフトウェアは透明さに欠けており、保守することが困難で、修正、改良することがむずかしい、といった「ソフトウェア危機」とよばれる徴候が現れてきた。その原因として、あらゆる工学の分野で共通の基本的な設計手続きを使っていないからであるということがいわれ始め、ソフトウェアの開発にストラクチャードプログラミングのような工学的アプローチが導入されるようになってきた。
 ソフトウェアに要するコストを、計画から保守に至る各段階の占める割合でみてみると、上流工程(要求分析・定義、外部設計)に比べ、テストおよびデバグの段階のほうがコストがかかり、保守に要するコストがさらにかかるというのがおおよそのところである。ソフトウェアの「ライフ・サイクル」を認識し、事態を改善する必要がある。そのためには、科学的な知識を蓄積し、実際的に応用する必要があるが、これらを扱う分野がソフトウェアエンジニアリングである。[土居範久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

software engineeringの関連キーワードTDCソフトウェアエンジニアリング日立ビジネスソリューション日立システムアンドサービス日立ソリューションズ[株]日立ソリューションズ情報処理推進機構ソフトウエア工学日立製作所[株]ぐっすんおよよRスペランカーCASEIPAケイス

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android