コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

/面疔 せつめんちょう Furuncle

翻訳|Furuncle

1件 の用語解説(/面疔の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

せつめんちょう【/面疔 Furuncle】

[どんな病気か]
 毛孔(もうこう)から細菌が侵入し、その毛孔を中心に化膿性(かのうせい)病変ができたものです。原因は黄色(おうしょく)ブドウ球菌きゅうきん)という化膿菌(かのうきん)の感染です。
 癤が顔にできた場合を面疔といい、症状が強くなります。
[症状]
 円錐形(えんすいけい)の赤い盛り上がりができ、痛みます。その頂点に膿(うみ)をもった点ができますが、毛孔と一致した場所では毛が膿の中を貫いています。はじめは硬いのですが、しだいに軟らかくなり、膿汁(のうじゅう)がたまるとぶよぶよになります。そのうち、中央の膿点から膿が自然に流れ出し、最後には芯(しん)(組織の破壊されたもの)が出て治っていきます。膿が排出されると、痛みも腫(は)れも急速に消えていきます。
[治療]
 黄色ブドウ球菌に効く抗生物質を内服します。熟して軟らかくなったものは切開して膿を排出します。冷やすと炎症は早く引きますが、かたまりがしばらく残ります。
 膿にはたくさんの黄色ブドウ球菌が含まれていますから、自分の皮膚の他の場所はもちろん、周囲につかないよう気をつけます。くびや顔に大型の癤ができたときは安静にしていましょう。
 とくに癤がくり返しできる場合(癤腫症(せつしゅしょう))は、皮膚を清潔にすることがとてもたいせつです。鼻の中に黄色ブドウ球菌がすみついている場合は、抗生物質軟膏(なんこう)を使って除菌します。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

/面疔の関連キーワード孟浩然膏肓何心地粃糠疹不死身プリマドンナ盲管症候群猛攻病は気から

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone