コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄色ブドウ球菌 おうしょくブドウきゅうきんStaphylococcus aureus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黄色ブドウ球菌
おうしょくブドウきゅうきん
Staphylococcus aureus

ブドウ球菌のうちで最も病原性の強いもの。常在している細菌で,傷口化膿 (かのう) の原因となる。また,食品中で繁殖すると毒素 (エンテロトキシン) をつくる。この毒素は耐熱性のため,加熱しても食中毒を起こす。発病は食事をしてから1~4時間後と短く,症状吐き気嘔吐 (おうと) ,腹痛,下痢などである。一般に症状は軽く,1,2日で回復する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

黄色ブドウ球菌

人の鼻や皮膚などにいる菌で、存在自体は珍しくない。繁殖する際にエンテロトキシンという毒素を出し、これが消化管から吸収されると嘔吐(おうと)や腹痛、下痢といった食中毒の症状を引き起こす。エンテロトキシンは比較的熱に強く、100度で30分間熱しても、分解されない。

(2008-10-11 朝日新聞 朝刊 栃木全県 2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

世界大百科事典内の黄色ブドウ球菌の言及

【ブドウ球菌(葡萄球菌)】より

…しかし双球菌状,あるいは短鎖状の配列もとる。病原性の弱い表皮ブドウ球菌は人間の皮膚および粘膜上に常在しているが,病原性の強い黄色ブドウ球菌は,連鎖球菌と並んで化膿の代表的な原因菌であり,食中毒の原因菌ともなる。黄色ブドウ球菌の多くは,溶血毒素(α,β,γ,δの種類がある),食中毒症状を引き起こす腸管毒(エンテロトキシン),および種々の酵素あるいは菌体外タンパク質など(ヒトの血漿を凝固させるコアグラーゼ,プロテアーゼ,ヌクレアーゼ,ペニシリナーゼなど)を産生する。…

※「黄色ブドウ球菌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

黄色ブドウ球菌の関連キーワードMRSA(多剤耐性黄色ブドウ球菌)肺炎バンコマイシン耐性腸球菌(VRE)VRE(バンコマイシン耐性腸球菌)バンコマイシン耐性黄色葡萄球菌ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群メチシリン耐性黄色ブドウ球菌リッター新生児剥脱性皮膚炎伝染性膿痂疹(とびひ)ブドウ球菌(葡萄球菌)衛星現象(細菌培養)毒素性ショック症候群抗菌性セラミックス雪印乳業食中毒事件セフェム系抗生物質ブドウ(葡萄)球菌ブドウ球菌食中毒バンコマイシンMRSA感染症ブドウ球菌【せつ】

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黄色ブドウ球菌の関連情報