コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

π軌道 パイきどうπ-orbital

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

π軌道
パイきどう
π-orbital

π オービタルともいう。π結合を形成している電子の存在する領域をいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のπ軌道の言及

【化学結合】より

…しかし分子軌道法の立場からは,6個の炭素原子のp軌道の一次結合をとることによって3個ずつの結合性軌道と反結合性軌道ができるので,前者に2個ずつの電子を入れると考えればよく,非常にすっきりする。このような分子軌道をπ軌道と呼び,共役二重結合をもつ分子に特有のものである。分子軌道法はこのような分子を扱ううえで有力な方法とされ,その電子的な諸性質を理解するうえで,分子軌道法が果たした役割は非常に大きい。…

※「π軌道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

π軌道の関連キーワードn‐π(■1)遷移静止トランスファー軌道フロンティア軌道理論フロンティア電子理論岡山電気軌道清輝橋線ケプラーの第一法則アポジーモーター静止ドリフト軌道長崎電気軌道本線ハイブリッド軌道金星横断小惑星ランデブー飛行水星横断小惑星地球近傍小惑星リサジュー軌道木星横断小惑星フントの規則太陽同期軌道太陽同期衛星ホーマン軌道