コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

π結合 パイけつごう π-bond

6件 の用語解説(π結合の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

π結合
パイけつごう
π-bond

σ 結合に対する語。化学結合のうち共有結合を大きく分類すると,結合軸に対して軸対称性 (軸を回転軸とする回転対称) をもつ σ 結合と,軸対称性をもたない π 結合に分けられる。 π 結合は,結合軸に対して直交し,かつ互いに平行な2個の p 軌道や d 軌道の重なりによって生じる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

パイ‐けつごう〔‐ケツガフ〕【π結合/パイ結合】

共有結合のうち、電子対が原子間の両側に存在する形式の結合。→σ(シグマ)結合

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

パイけつごう【π結合 π bond】

互いに結合する二つの原子を結ぶ方向にのびた価電子軌道の重なりによって形成される共有結合がσ結合と呼ばれるのに対して,二つの原子を結ぶ方向と直交する方向にのびた価電子軌道の重なりによって形成される共有結合をπ結合と呼ぶ。エチレンCH2=CH2の炭素原子はsp2混成軌道を用いて,2個の水素原子,1個の炭素原子とを合わせて3本のσ結合をつくり,残りの一つの価電子が2pz軌道に入っている。この際,隣り合う炭素原子の2pz軌道どうしの重なりでπ結合がつくられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

パイけつごう【π結合】

二個の π 電子から成る電子対を、二原子が共有することによって形成される化学結合。炭素原子間の二重結合は、一個の σ 結合と一個の π 結合から成り、三重結合は一個の σ 結合と二個の π 結合から成る。 → シグマ結合

π結合

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

π結合
ぱいけつごう
π-bond

π電子によって形成される化学結合。一重結合(単結合)はσ(シグマ)結合のみであるのに対し、多重結合はσ結合とともにπ結合が加わったものである。π電子は結合軸に対して直角方向のp電子であり、結合軸からみて上部と下部とで電子雲(電子は原子核の周りに雲のように広がっている。このようすを電子雲とよんでいる。古典的には電子は1、2、3……個と数えているが、量子化学では各電子は雲の形で表す)の重なりをもつ。これがπ結合軌道であり、この軌道を利用した結合をπ結合という。π結合は結合軸をx軸にとるとき、pypypzpz軌道の間に生ずる。共役二重結合の場合は、π結合が非局在化する。[下沢 隆]
『斎藤勝裕著『絶対わかる化学結合』(2003・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のπ結合の言及

【化学結合】より

…最後に残ったp軌道は六角形の面を節面として図4のように配列され,両隣のp軌道と結合をつくる。このように節面のある結合はπ結合と呼ばれ,そこにいる電子をπ電子と呼ぶ。p軌道には1個の電子しかないので,結合が電子対から成るという考え方では図4のエチレンの場合はよいがベンゼンのように両隣がある場合には考えにくい。…

※「π結合」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

π結合の関連キーワード連星高麗門コーヒーの木ゴールドバッハの予想二人静接触セメント二稜石バイクスパイドバイフルケイテッドバヴェノの双晶則

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

π結合の関連情報