コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《お七》 おひち

世界大百科事典内の《お七》の言及

【吉住小三郎】より

…63年,吉住慈恭(じきよう)と改名。作曲には《鳥羽の恋塚》《醍醐の花見》などが,六四郎との合作には《紀文大尽(きぶんだいじん)》《神田祭》《お七》《みやこ風流》などがある。(5)5世(1908‐83∥明治41‐昭和58) 4世の子。…

※「《お七》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《お七》の関連キーワード花柳 芳次郎(4代目)花柳 寿美(1代目)嵐喜世三郎(初代)三条勘太郎(2代)花柳寿美(初代)桐竹門造(初代)鈴ヶ森(東京都)杵屋栄蔵(3代)清元梅吉(3世)伊達娘恋緋鹿子吉様参由縁音信其往昔恋江戸染清元 栄寿郎LUHICA清元栄寿郎田中美登里心中万年草亀田真二郎八百屋お七お七吉三物

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android