コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《武訓伝》批判 ぶくんでんひはん

世界大百科事典 第2版の解説

ぶくんでんひはん【《武訓伝》批判】

中国で1950年12月に公開された映画《武訓伝》に対する批判運動。武訓は19世紀に山東省で実在した人物。苦労を重ねて学校を建て,民衆教育に貢献した〈教育界の義人〉として民国時代にたたえられ,映画もそれを肯定的に描いていたといわれる。しかし武訓の行為に対する疑問が51年3月ごろから次々に提起され,同年5月20日付《人民日報》は,〈映画《武訓伝》の討論は重視すべきである〉という社説(1967年に執筆者は毛沢東と公表)を発表,政府文化部と合同で〈武訓歴史調査団〉を山東へ派遣した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《武訓伝》批判の関連キーワード胡縄

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android