コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人民日報 じんみんにっぽうRen-min Ri-bao

7件 の用語解説(人民日報の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人民日報
じんみんにっぽう
Ren-min Ri-bao

中国共産党中央委員会の機関紙。共産党の方針の徹底を目的とする。 1948年河南省邯鄲で創刊され,革命成功の 49年から北京で発行されている。社説や記事は北京政府の見解を代表するものとして地方の新聞にも転載される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

人民日報

中国共産党の日刊機関紙。約180万の発行部数を持ち、繁体字で印刷される海外版も有しているが、中国共産党の党員が約7300万人(2006年7月現在)であることからすれば、購読している党員比率は低い。一時は700万を超える発行部数を誇った同紙の著しい部数減は、地方紙、夕刊紙の台頭などメディアの多元化による影響と共に、中国社会における中国共産党の威信低下と無関係ではない。1948年6月、中国共産党華北地区の党機関紙として創刊され、建国直前の49年8月、正式に党中央機関紙となった。「海外版」の発行は85年7月1日から。「人民日報」の政治的役割は絶大であるが、同時に編集部の中には体制批判の立場をとるジャーナリストもしばしば存在してきた。近年では民主化運動の旗手として知られた劉賓雁(リウ・ビンイエン)や王若望(ワオ・ルオワン)も、同紙副編集長を務めた反体制作家である。89年4月以降の学生運動の高揚に際しては、同紙の記者たちも民主化や言論の自由を求めて多数立ち上がった。そのために同年6月4日の血の日曜日事件(第2次天安門事件)以降は同社が実質的な軍事管制下に置かれた。今日、「人民日報」以外の様々なメディアが社会的な役割を担っており、「人民日報」は一種の官報のようになってしまっている。06年1月、「氷点週刊」が歴史認識を理由に停刊されるなど、中国の言論界は厳しい状況にある。

(中嶋嶺雄 国際教養大学学長 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じんみんにっぽう【人民日報】

中華人民共和国の日刊新聞。中国共産党の中央機関紙で、1948年創刊。共産党の思想と方針の周知徹底を目的とし、その記事は党と政府の公式見解を示している。本部は北京にあり、郵便によって全国に配達する方式をとっている。かつて1000万以上を誇った部数は減少傾向にあり、2011年現在約281万部。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

人民日報【じんみんにっぽう】

中国共産党中央委員会機関紙。1948年創刊時は華北解放区の党機関紙だった。社説は中国共産党の意見を代表するものとして国際的に重視される。主として新華社ニュースを提供。
→関連項目劉賓雁

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じんみんにっぽう【人民日報 Rén mín rì bào】

中国共産党の中央機関紙。中国でもっとも権威ある新聞で現在の発行部数は約500万。党中央軍事委員会機関紙《解放軍報》,各地方組織の機関紙はもちろん,共青団の《中国青年報》,民主党派等の《光明日報》等の頂点に立って党の政策を宣伝する。日本の一般紙が事件の報道,商品の広告を主とする情報第一主義なのとは対照的である。月刊の記事索引があり,1975年1月から縮刷版も刊行されている。【狭間 直樹】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

じんみんにっぽう【人民日報】

中国共産党中央機関紙。1948年六月、華北解放区党機関紙として創刊、その後中央機関紙になる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

人民日報
じんみんにっぽう / レンミンリーパオ

中国共産党中央委員会の機関紙。英語表記People's Daily。前身は党中央晋察冀(しんさつき)分局の機関紙『晋察冀日報』と党晋冀魯豫(しんきろよ)辺区中央局の機関紙『晋冀魯豫 人民日報』。1948年6月15日、両紙が合併して河北省平山県里庄で華北(かほく/ホワペイ)中央局機関紙として創刊された。1949年3月15日、中国共産党とともに本部を北京に移転。同年8月正式に党中央委員会機関紙となり、1948年6月15日からの号数も引き継いだ。題号は毛沢東(もうたくとう/マオツォートン)の揮毫(きごう)。日刊、ブランケット判、24ページ建て(土日は12ページ)。2012年の時点で発行部数285万部(『中国新聞年鑑』2014年版)。
 1985年7月海外版を創刊、80余の国と地域で華字紙として発行されている。また、2009年8月にはチベット語版を創刊、チベット自治区全域と四川(しせん/スーチョワン)、雲南(うんなん/ユンナン)、青海(せいかい/チンハイ)、甘粛(かんしゅく/カンスー)などのチベット族居住区で発行されている。
 中華人民共和国建国以来、中国を代表する新聞であり、単なるニュース伝達にとどまらず、党指導部の思想、方針、政策を内外に伝え、広めることを主旨とする。このため、ことに論評や社説は内外に注目され、影響力は大きい。
 組織としての人民日報は、中国共産党中央委員会直属の事業単位でありマスコミ機関と位置づけられ、「編集委員会指導下の社長責任制」を採用している。現社長は楊振武(ヤンチェンウー)(1955― )、総編輯(しゅう)は李宝善(リーパオシャン)(1955― )。
 2009年の組織改革以来、23内部部局、国内外72支社局をもち、『環球(かんきゅう)時報』『諷刺与幽黙(フォンツーユィヨウモー)(風刺とユーモア)』など26の系列新聞、定期刊行物、および、人民日報出版社、人民日報印刷廠(しょう)、中聞印務投資集団の印刷系3企業集団などを傘下に収める。
 マルチメディア展開やデジタル化にも積極的で、1997年1月インターネット版を正式に開設、2000年には人民網(じんみんもう)と改称。同サイトは2010年6月に人民網股(こふん)有限公司となり、2012年4月には上海(シャンハイ)証券交易所に上場した。人民網は「権威性、大衆化、信頼性」をモットーとし、15か国語版で国内外に情報発信し、1日平均のページビュー(閲覧数)は約4億といわれる。また、人民日報は2012年7月、中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」上に公式アカウントを開設、新しい情報環境下でも発言権を確保することを目ざしている。[木原正博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の人民日報の言及

【機関紙】より

…ジョレスが暗殺されて以降は,《ユマニテ》の低迷をマルセル・カシャンが主幹になって立て直した。《ユマニテ》が共産党中央機関紙となったのは20年からだが,以降イタリアの《ウニタ》,中国の《人民日報》,日本の《赤旗》とならんで,日刊の共産党機関紙の代名詞のようになっている。しかし政党機関紙は共産党だけにあるのではない。…

【新聞】より

…革命成功後,前者はソ連共産党中央委員会機関紙,後者はソ連最高会議幹部会機関紙に発展したが,ソ連崩壊後,両紙とも民間の新聞社で発行されるようになった。中国では革命前の48年から中国共産党中央委員会機関紙《人民日報》が発行され,49年の革命後は労働者,青年などの大衆団体が《工人日報》《中国青年報》などを創刊した。66年からの〈文化大革命〉によって《人民日報》を除きこれら多くの新聞が停刊を余儀なくされたが,文革終了後から復刊,創刊が相次ぎ,80年には文革前の紙数を超えた。…

※「人民日報」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

人民日報の関連情報