コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義人(読み)ギジン

大辞林 第三版の解説

ぎじん【義人】

義に対して忠実な人。自分を捨てて、正義に殉ずる人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の義人の言及

【義民】より

百姓一揆の指導者として,多数の農民のために一身をささげた者をいう。江戸時代にはこの用語はなく,明治維新後まず義人の呼称が使われたが,大正期ごろから義民の呼名が一般化した。全国的に有名な義民としては,承応年間の下総国佐倉藩の佐倉惣五郎,天和年間の上野国沼田藩の杉木茂左衛門(磔(はりつけ)茂左衛門ともいう),承応年間若狭国小浜藩の松木荘左衛門(長操),貞享年間信濃国松本藩の多田加助(加助騒動),寛政年間伊予国吉田藩の武左衛門(武左衛門一揆)などがある。…

※「義人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

義人の関連情報