コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

【かんじき】 かんじき

1件 の用語解説(【かんじき】の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

【かんじき】【かんじき】

泥土,氷,雪などの上を歩くときに着用する特殊な履物(はきもの)の総称。深田などで使用する木製の板状または枠(わく)状の板かんじき田下駄(たげた)),氷上で用いる鉄製スパイク状のかねかんじき(登山用アイゼンはこの一種),木や竹を曲げて輪にした雪上用の輪かんじき(輪かん,わっぱとも)などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

【かんじき】の関連キーワード祭服サーフパンツ斎服田蓑雪沓氷を歩むラッシュガードウインターグローブメカニックグローブメタルジャケット

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone