ああ言(読み)ああいう

精選版 日本国語大辞典の解説

ああ‐いう ‥いふ【ああ言】

連体〙 (副詞「ああ」に、動詞「言う」が付いて一語化した語) あのような。あんな。ああした。非難、からかい、称賛などの感情が加わることが多い。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)三「ありゃア、ああいふ癖で」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android