ああ(読み)アア

デジタル大辞泉の解説

ああ

[副]
話し手と聞き手の双方が知っている他の場面をさしていう語。あのように。「ああ高くては手が出ない」「ああまで言わなくてもいいのに」
(「こう」と並べ用いて)口に出して言ったり、心の中で考えたりしている内容を漠然とさしていう語。「ああだこうだと文句ばかり言う」「ああでもない、こうでもないと思い悩む」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ああ

( 副 )
ある場面の様子をさしていう。話し手からやや離れた場面や、話している時点とは別の場面などについていう。 「 -はなりたくない」 「 -うるさくては、かなわない」 「ちょっと目を離すとすぐ-だ」
話した内容や心の中で考えたことがらなどをさす。多く「こう」と呼応して用いられる。 「 -だこうだとあげつらう」 「 -でもないこうでもない」 「 -言っておいたから、大丈夫だろう」 〔「ああだ」 「ああでも」 「ああは」などの場合、アクセントは [1]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ああ

〘副〙
① あのように。あのとおりに。
滑稽本浮世風呂(1809‐13)三「おっつけ子小児(ここども)でも出来てみな。ああはいかねへ」
② (「ああだ、ああさ」などの形で) あのよう。あのとおり。
俳諧・誹讔三十棒(1771)「わし等がかけば、ああでは無いて」
[補注]「こう、そう、ああ、どう」など、いわゆるコソアド系指示語に属する副詞。「ああしたああして、ああいう」などの形でよく用いられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ああの関連情報