あらたま

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

斎藤茂吉の第二歌集。1921年(大正10)1月春陽堂刊。1913年9月から1917年12月までの作品746首を収める。大局的にみれば第一歌集『赤光(しゃっこう)』からの連続であり、この2冊を初期歌集として一括してよいが、1914年ごろから、『赤光』の混沌(こんとん)をはらんだ激しい生の炎がようやく澄み、透明な寂寥(せきりょう)感の支配する象徴的世界を現出する。「草づたふ朝の蛍よみじかかるわれのいのちを死なしむなゆめ」。この生のあわれの自覚のうえに『梁塵秘抄(りょうじんひしょう)』などからの摂取が加わってなった生命主義的象徴世界は、後半、より現実につきつつ、1917年末の長崎移住を機に『つゆじも』の歌境へと引き継がれる。

[上田三四二]

『佐藤佐太郎著『茂吉秀歌 上』(岩波新書)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

歌集。斎藤茂吉著。大正一〇年(一九二一)刊。作者の第二歌集で写生短歌への方向を定めた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android