コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

うちわ(団扇) うちわ

百科事典マイペディアの解説

うちわ(団扇)【うちわ】

うちわは中国から伝わり,奈良時代に貴族の間で用いられた。戦国時代の武将は鉄,皮製漆塗の軍配うちわを用いた。江戸時代竹細工と紙の発達により普及し,役者絵のうちわが流行した。
→関連項目

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うちわ【うちわ(団扇)】

一般には,細い竹を手に持つ部分だけ残して,細かく幾本かの骨に割り,これに紙,絹などを張ったもので,夏にをとる具。しかし歴史的に見るとその形態,用途はかならずしも一定ではなく,変遷がみられる。扇という漢字は〈おうぎ〉と読まれ,〈うちわ〉とはちがったものと思われやすいが,古代の中国では,この扇がいわゆる〈うちわ〉であった。涼をとる用途にも用いられたが,太陽の光を防いだり,風塵をさけたり,高貴の人や女性などが顔をかくしたりする道具に使用し,儀式的なものともなり,ときには葬式の飾りにもなっていた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

うちわ(団扇)の関連キーワードふいご(鞴∥吹子)

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android