コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おおなおおな オオナオオナ

デジタル大辞泉の解説

おおな‐おおな〔おほなおほな〕

[副]
人目をはばからず夢中になるさま。本気になって。ひたすら。
「―言出づることをものうくはもてなすべきぞ」〈早蕨
思慮に欠け軽はずみなさま。うっかり。うかうかと。
「民部卿などの、―土器(かはらけ)とり給へるを」〈・少女〉
事の簡単に行われるさま。無造作に。あっさりと。
「―射伏せられぬ」〈かげろふ・中〉
[補説]「おうなおうなあふなあふな)」と同語であるか別語であるかは未詳。語源については、「おおなおおな(おほなおほな)」では「凡(おほ)無(な)凡(おほ)無(な)」とする説、「あふなあふな」では「合ひな合ひな」、または「危(あふ)な危(あふ)な」とする説などがあり、決定しがたい。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおなおおな

( 副 )
ほかの事を考えずに。余念なく。真剣に。 「いかでか、この君さへ、-言こと出づる事を、物憂くはもてなすべきぞ/源氏 早蕨
思慮もなく。うっかりと。 「大蔵卿の-まじりて、さすがに声うち添へむもつつましきにや/紫式部日記」
あっさりと。簡単に。 「かたきには右兵衛・源中将なむある。-射ふせられぬ/蜻蛉 」 〔「あふなあふな」と同語とする説がある〕 → おうなおうな

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

おおなおおなの関連キーワード民部卿言出

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android