志濃夫廼舎歌集(読み)シノブノヤカシュウ

大辞林 第三版の解説

しのぶのやかしゅう【志濃夫廼舎歌集】

歌集。五巻。橘曙覧あけみの和歌を長男、今滋が編。1878年(明治11)刊。日常生活の実感を詠い、連作が多い。詠史・画賛にも巧みで、幅広い教養がうかがわれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

志濃夫廼舎歌集
しのぶのやかしゅう

江戸後期の歌人橘曙覧(たちばなあけみ)の歌集。1878年(明治11)嗣子(しし)井手今滋(いでいましげ)によって出版。第5集までは草稿のまま、補遺を加えて全6集。総歌数860首。時代順に並べてあるのが特色。『万葉集』の実情実感を主とし、シラミなど生活環境のあらゆるものを題材として詠んでいる。楽天的で国粋主義の思想をもち、これを詠じた。「たのしみは」の形式を繰り返した「独楽吟(どくらくぎん)」52首がよく知られている。[辻森秀英]
 たのしみは草のいほりの莚敷(むしろじき)ひとりこころを静めをるとき
『土岐善麿校註『日本古典全書 宗武・曙覧歌集』(1950・朝日新聞社) ▽辻森秀英著「橘曙覧」(『和歌文学講座8』所収・1969・桜楓社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しのぶのやかしゅう しのぶのやカシフ【志濃夫廼舎歌集】

江戸末期の私家集。五巻。補遺一巻。橘曙覧(あけみ)の草稿を嗣子の井手今滋(いましげ)が編纂したもの。明治一一年(一八七八)刊。自筆稿本を基として、八五九首の歌を年代順に排列してある。近藤芳樹の序を付す。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android