コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志濃夫廼舎歌集 シノブノヤカシュウ

3件 の用語解説(志濃夫廼舎歌集の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しのぶのやかしゅう〔しのぶのやカシフ〕【志濃夫廼舎歌集】

江戸末期の私家集。5巻。橘曙覧(たちばなあけみ)の草稿を、その子の井手今滋(いでいましげ)が編集したもの。明治11年(1878)刊。約860首の歌を年代順に配列。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しのぶのやかしゅう【志濃夫廼舎歌集】

歌集。五巻。橘曙覧あけみの和歌を長男、今滋が編。1878年(明治11)刊。日常生活の実感を詠い、連作が多い。詠史・画賛にも巧みで、幅広い教養がうかがわれる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

志濃夫廼舎歌集
しのぶのやかしゅう

江戸後期の歌人橘曙覧(たちばなあけみ)の歌集。1878年(明治11)嗣子(しし)井手今滋(いでいましげ)によって出版。第5集までは草稿のまま、補遺を加えて全6集。総歌数860首。時代順に並べてあるのが特色。『万葉集』の実情実感を主とし、シラミなど生活環境のあらゆるものを題材として詠んでいる。楽天的で国粋主義の思想をもち、これを詠じた。「たのしみは」の形式を繰り返した「独楽吟(どくらくぎん)」52首がよく知られている。[辻森秀英]
 たのしみは草のいほりの莚敷(むしろじき)ひとりこころを静めをるとき
『土岐善麿校註『日本古典全書 宗武・曙覧歌集』(1950・朝日新聞社) ▽辻森秀英著「橘曙覧」(『和歌文学講座8』所収・1969・桜楓社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

志濃夫廼舎歌集の関連キーワード橘曙覧橘千蔭六家集山橘小侍従集たちばな橘貞風橘御園橘安道鳴り瓢

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone