コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

お亀/阿亀 オカメ

3件 の用語解説(お亀/阿亀の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

お‐かめ【お亀/×阿亀】

阿多福(おたふく)」に同じ。
阿亀蕎麦(おかめそば)」「阿亀饂飩(おかめうどん)」の略。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

お亀【おかめ】

低い鼻,豊かな頬(ほお)の女の面。一名お多福天鈿女(あめのうずめ)命に由来するともいわれ,文楽人形ではお福,狂言面では乙御前(おとごぜ),乙といった。里神楽(さとかぐら)ではひょっとこと一対の道化。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おかめ【お亀】

円顔で鼻の低い,おでこでほお高の愛敬ある女の仮面。お多福ともいう。同系統の面としては狂言面に乙御前(おとごぜ)があり,男に逃げられる醜女や姫鬼,福女などに用いられる。お多福のオタが乙の転訛ともいわれるように,お多福,お亀も同様の役柄の近世芸能に使用される。特にお亀の名称は江戸の里神楽で使われ,ひょっとこと対で道化やもどき役をつとめて人気が高く,熟練者の役どころとされる。民俗芸能では単に醜女としてではなく,田遊のはらみ女,愛知県三河地方の花祭では巫女(みこ)のお供としても現われ,獅子舞や祭礼行列の道化では愛敬が強調され,酉の市の大熊手などに飾られて,福を呼ぶ面相として喜ばれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

お亀/阿亀の関連キーワード亜炭おでこ御出木偶芝居低層でこでこ愛敬相顔で笑って心で泣く頬杖ひでこ節無愛敬

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone