コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

お亀/阿亀 オカメ

世界大百科事典 第2版の解説

おかめ【お亀】

円顔で鼻の低い,おでこでほお高の愛敬ある女の仮面。お多福ともいう。同系統の面としては狂言面に乙御前(おとごぜ)があり,男に逃げられる醜女や姫鬼,福女などに用いられる。お多福のオタが乙の転訛ともいわれるように,お多福,お亀も同様の役柄の近世芸能に使用される。特にお亀の名称は江戸の里神楽で使われ,ひょっとこと対で道化やもどき役をつとめて人気が高く,熟練者の役どころとされる。民俗芸能では単に醜女としてではなく,田遊のはらみ女,愛知県三河地方の花祭では巫女(みこ)のお供としても現われ,獅子舞や祭礼行列の道化では愛敬が強調され,酉の市の大熊手などに飾られて,福を呼ぶ面相として喜ばれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

お亀/阿亀の関連キーワード大阪府富田林市中野仮名文章娘節用水離れ・水放れ手活けの花卯月の紅葉新堂廃寺跡天鈿女命阿亀蕎麦阿亀饂飩徳川義直あれさまお亀蕎麦そわつくお亀饂飩おかめ阿多福掴み面分立つ福笑いちんこ