お亀(読み)おかめ

百科事典マイペディア「お亀」の解説

お亀【おかめ】

低い鼻,豊かな(ほお)の女の面。一名お多福天鈿女(あめのうずめ)命に由来するともいわれ,文楽人形ではお福,狂言面では乙御前(おとごぜ),乙といった。里神楽(さとかぐら)ではひょっとこと一対の道化神楽面としては福神系。のちこの面に似た醜女を一般にお亀,お多福と呼んだ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「お亀」の解説

おかめ【お亀】

円顔で鼻の低い,おでこでほお高の愛敬ある女の仮面。お多福ともいう。同系統の面としては狂言面に乙御前(おとごぜ)があり,男に逃げられる醜女や姫鬼,福女などに用いられる。お多福のオタが乙の転訛ともいわれるように,お多福,お亀も同様の役柄の近世芸能に使用される。特にお亀の名称は江戸の里神楽で使われ,ひょっとこと対で道化やもどき役をつとめて人気が高く,熟練者の役どころとされる。民俗芸能では単に醜女としてではなく,田遊のはらみ女,愛知県三河地方の花祭では巫女みこ)のお供としても現われ,獅子舞や祭礼行列の道化では愛敬が強調され,酉の市の大熊手などに飾られて,福を呼ぶ面相として喜ばれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android