コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おしゃぶり おしゃぶり pacifier sucking

5件 の用語解説(おしゃぶりの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

おしゃぶり

小児科と小児歯科の保健検討委員会の見解は次の通り。 おしゃぶり指しゃぶりを予防するために用いられたり、時にはファッションとして与えられることもあるが、子供を泣きやませて静かにさせるための策として用いられることが多い。子供が泣きやむ、入眠がスムーズになる、母親のストレスを軽減できるなどの利点はあるが、習慣性が強く、親が子供の泣く理由を考えないことや子供との触れ合いが減るなどの欠点がある。おしゃぶりも指しゃぶりと同様な問題を抱える。 その対策については、おしゃぶりはできるだけ使用しない方がよいが、もし使用するなら咬合(こうごう)の異常を防ぐために、次の点に留意する。(1)発語やことばを覚える1歳過ぎになったら、おしゃぶりのホルダーを外して、常時使用しないようにする。(2)遅くとも2歳半までに使用を中止するようにする。(3)おしゃぶりを使用している間も、声かけや一緒に遊ぶなどの子供との触れ合いを大切にして、子供がしてほしいことや、したいことを満足させるように心がける。子育て手抜きと便利性からだけでおしゃぶりを使用しないようにする。(4)4歳以降になってもおしゃぶりが取れない場合は、情緒的な面を考慮してかかりつけの小児科医に相談することを勧める。

(中村敬 大正大学人間学部人間福祉学科教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

お‐しゃぶり

乳児に持たせてしゃぶらせる玩具。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おしゃぶり

生後3,4ヵ月くらいの乳幼児主として持たせる育児玩具。この年ごろには,口に入れてしゃぶるくせがあり,感覚器官を育てるため,しゃぶって遊ぶように作られているのでこの名がある。がらがらを兼ねているものが多く,手で握って振れるように作ってあるのは〈おにぎり〉という。江戸時代から木製挽物(ひきもの)細工のものがあった。明治以後も木製の亜鈴形のものが作られ,なかには柄の端が笛になっているのもあり,現在でも東北地方などで木地玩具として作られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おしゃぶり

赤ん坊が手に持ってしゃぶる、おもちゃ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

おしゃぶり
おしゃぶり

生後3、4か月ぐらいからの乳児に持たせてしゃぶらせる玩具(がんぐ)。「がらがら」を兼ねているものが多い。江戸時代から木製のものがあり、明治以後には亜鈴(あれい)形のものがつくられた。大正時代からセルロイド製、またはゴム製の乳首をつけたものが現れた。欧米では多く用いられているが、わが国では育児衛生上から、また癖になるといわれ、その使用に関して反対されることが多い。しかし、おしゃぶりの癖は、指しゃぶりなどと比較すれば、むしろずっと早くに消失するものである。[山崖俊子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のおしゃぶりの言及

【がらがら】より

…柄のついた円形の胴に球を入れ,振るとガラガラと鳴るのでこの名で呼ばれる。おしゃぶりを兼ねているものもあり,手で握って振って遊べるようにつくってあるのは〈おにぎり〉という。日本では室町時代,京の御所の女官たちが紙製のものをつくったのが始まりといわれる。…

【玩具】より

…【和久 洋三】
【子どもの発達と玩具の役割】
 子どもの発達には遊びという活動が不可欠であり,その遊びを促し,子どもを発達させる契機として重要なのが,さまざまな玩具の役割である。 乳児期に最初に触れる玩具は,おしゃぶり,がらがらである。前者は口に入れてしゃぶるためのもの,後者は手に握って振り鳴らすためのものであるが,乳児は手に持った物はなんでも口にもっていくことが多く,あるいは振りまわすことも試みるから,必ずしも玩具の機能と実際の遊び方とは一致しない。…

【幼児性欲】より

…乳児の吸乳行為は,本来は栄養衝動に根ざしているが,この本能としての食欲に依存しながらも,これに伴う口唇・口腔器官の快感が二次的にも独立してくる。すなわち乳児は空腹でないときでもおしゃぶりで栄養をとるさいの動作を反復して,深い満足を味わう。おしゃぶりはやがて指しゃぶりに発展し,また自慰と結合することすらある(口唇期)。…

※「おしゃぶり」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

おしゃぶりの関連キーワード小児科指しゃぶり小児科医小児医療の集約化斎藤文雄竹内薫兵日比逸郎小児医学小児科学小児歯科

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

おしゃぶりの関連情報