コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

がらがら ガラガラ

デジタル大辞泉の解説

がら‐がら

[副](スル)
物が崩れたりぶつかったりするときの、大きく響く音を表す語。「がらがら(と)壁が崩れる」
引き戸の開閉や、堅い車輪の回転の音を表す語。「格子戸をがらがら(と)開ける」「荷車ががらがら(と)音をたてて通る」
のどに水をためてうがいをする音を表す語。「がらがら(と)のどをすすぐ」
遠慮がなく、思ったことを大声で言ったりするさま。がさつなさま。「がらがらした男だが、気はいい」
[形動]
あるべきものがほとんどなくて、すきまが多いさま。「がらがらな(の)電車」
かすれた声のさま。「がらがらな(の)声」
[名]柄を持って振ると、がらがらと鳴る幼児のおもちゃ。
[アクセント]ラガラ、はガラガラはガラガラ・ガラガラ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

がらがら

生後間もないころから3ヵ月くらいまでの乳幼児を主にした育児向きの響玩具。のついた円形に球を入れ,振るとガラガラと鳴るのでこの名で呼ばれる。おしゃぶりを兼ねているものもあり,手で握って振って遊べるようにつくってあるのは〈おにぎり〉という。日本では室町時代,京の御所の女官たちが紙製のものをつくったのが始まりといわれる。江戸時代には張子曲物(まげもの)製の胴に小石を入れて,木や竹の柄をつけたもの,あるいは桐の木を円く挽(ひ)いてその中に土のを入れ,木の柄を振ると鈴が鳴るものがあった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

がらがら

紅藻類ウミゾウメン目の海藻。高さ約12、3センチメートル。房総半島以南の低潮線上の岩石に付着。藻体は平滑、関節を生じつつ規則正しく分岐する。近縁の種が多い。乾いた藻体を振るとがらがらと音がする。

がらがら

[1] ( 副 )
「からから」よりも強い音を表す語。 「荷車を-(と)引いて行く」
物が崩れ落ちるさまを表す語。 「岩が-(と)崩れ落ちる」
うがいをするときの音を表す語。 「 -(と)うがいをする」
性格・言動などが、あけっぴろげでがさつなさま。 「外面うわべは-して、鼻先ばかり悪徒あくとうじみて居りますが/真景累ヶ淵 円朝
[0] ( 形動 )
非常にすいているさま。 「 -の客席」 「始発電車は-だ」
がさつで大きな声のさま。また、嗄れた声のさま。 「 -声」 「風邪で声が-になった」
[0][4] ( 名 )
振るとがらがらと音のする、幼児のおもちゃ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

がらがら
がらがら

〔1〕柄(え)付きの丸い胴に小さな球などを入れ、振ると鳴る育児用玩具(がんぐ)。室町時代、京都の御所の女官が紙製のものをつくったのが最初という。その後、ブリキ製、セルロイド製、木製のものなどがつくられ、現在ではプラスチック製が多い。
 対象は乳児なので、(1)握りやすく、しゃぶったり、かんだりしても歯ぐきを傷つけないもの、(2)乳児がじっと見、耳を傾けられるもの、(3)指でまさぐってみたくなるようなもの、などがよいがらがらの条件である。[山崖俊子]
〔2〕振って鳴らす体鳴楽器。堅い木の実の殻や種、動物の歯や蹄(ひづめ)といった小さな発音体を紐(ひも)や棒に通してまとめたものと、ふくべ(ヒョウタンなど)の果皮や籠(かご)や亀甲(きっこう)などの容器の中に小石のような小さな堅い物を入れたものとがあり、柄(え)をつけられることが多い。振って鳴らすほか、くるぶし、膝(ひざ)、腰などにつけて、踊りのリズムを刻むように用いることもある。先史時代からあったとされ、分布は世界的であるが、分布状況は形により異なる。[前川陽郁]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のがらがらの言及

【おしゃぶり】より

…この年ごろには,口に入れてしゃぶるくせがあり,感覚器官を育てるため,しゃぶって遊ぶように作られているのでこの名がある。がらがらを兼ねているものが多く,手で握って振れるように作ってあるのは〈おにぎり〉という。江戸時代から木製挽物(ひきもの)細工のものがあった。…

【玩具】より


【玩具の起源】
 現世人類がこの地球上に現れたころに,はたして玩具として位置づけられるものがあったかどうかは予測しがたいが,玩具に発展しうるものがすでに存在していたことははっきりしている。現存する最古の玩具は,古代エジプト時代の墳墓から出土しているものが多いが,その中には,人形,動物のミニチュア,舟のミニチュア,ボール,こま,がらがらなどがある。また,現代になっても,近代文明のいきわたっていない民族の間で親しまれている玩具を探ってみると,アメリカ・インディアンの鹿皮のボール,紀元前1500年ぐらいから続いているといわれるメキシカン・ボール,ニューギニアの木の葉を利用して作った帆舟,北アメリカのホピ・インディアンが儀式が終わると子どもに与えるという人形,アフリカのコーサ族のトウモロコシの穂軸で作られた人形などがある。…

※「がらがら」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

がらがらの関連キーワードマーシャ・ジョーン ブラウン喉頭ストロボスコープ肺アミロイドーシスサイドワインダーイーグルストーンおもちゃの交響曲からからせんべい子どもの音声障害嗄声のいろいろオセアニア音楽卵(たまご)アフリカ音楽がらがら煎餅エジプト音楽がらめかすアクセントシストルムオルゴール飯田道朗がらつく

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

がらがらの関連情報