コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おっかあ オッカア

デジタル大辞泉の解説

おっ‐かあ

《「おかか」の音変化》
子が母親を呼ぶときの語。江戸末期から中流以下で用いられた。
《子の母親の意から》夫が妻を呼ぶときの語。他人の妻にもいう。
店などの女主人を親しんで呼ぶ語。
「大津屋の―にたいそう世話になったのう」〈人・梅児誉美・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おっかあ

〔「おかか(御母)」の転〕
子供が母を呼ぶくだけた言い方。中流以下の家庭で用いられた。 ⇔ おっとう
〔子供の母親の意から〕 夫が妻を呼ぶ語。ぞんざいな言い方。他人の妻の呼称としても用いられる。 ⇔ おっとう
店などの女主人をやや慣れ親しんで呼ぶ語。 「大津屋の-にたいそう世話になつたなう/人情本・梅児誉美

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

おっかあの関連キーワードカミンスカ御母さんブレヒトおっとううなうな人情本

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android