御袋(読み)オフクロ

デジタル大辞泉の解説

お‐ふくろ【御袋】

自分の母親を親しんでいう語。古くは敬称として用いたが、現在では主に男性が、他人に対して自分の母をいうのに用いる。⇔親父(おやじ)
[補説]作品名別項。→おふくろ

おふくろ[戯曲]

田中千禾夫の処女戯曲。昭和8年(1933)「劇作」誌に発表。1幕。同年、築地座にて初演。昭和30年(1955)久松静児監督により映画化。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おふくろ【御袋】

母親を親しんで呼ぶ語。 ⇔ おやじ 「 -の味」 〔古くは、男女ともに自他の母親の敬称として用いた。現在では、主に男性が他人に対して自分の母親をいう場合に用いる〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

お‐ふくろ【御袋】

〘名〙 (「お」は接頭語) 母親を敬っていう語。また、母親を親しんで呼ぶ語。現在では、他人に対してへりくだって自分の母をいう場合が多い。⇔おやじ
※康富記‐享徳四年(1455)正月九日「今日室町御姫君御誕生也、御袋大舘兵庫頭妹也」
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉鉄道国有「拙父(おやぢ)と阿母(オフクロ)と竊々(こそこそ)相談して」
[語誌](1)本来、母親の敬称で、高貴な対象にも使用したが、徐々に待遇価値が下がり、近世後期江戸語では、中流以下による自他の母親の称となった。
(2)「随・皇都午睡‐三」に「廿より卅二三才迄を中年増と云。夫より上を年増と唱へ極年をお袋とも婆々アとも云」とあるように、特に老女や老母を指すこともあった。
(3)現在では、謙称として、他人に対してへりくだって自分の母を言うことが多い。→おやじ

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御袋の関連情報