コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御母様 オカアサマ

デジタル大辞泉の解説

お‐かあ‐さま【御母様】

《「おかかさま」の音変化》母を敬って呼ぶ語。「おかあさん」より丁寧な言い方。

おかか‐さま【母様/×嬶様】

母を敬っていう語。近世、武家や豪商の子弟が用いたが、末期には広く一般的になった。
他人の妻を敬っていう語。多くは子持ちの人妻をいう。
「人の―並みに被(かづき)を着せて出かけ」〈浮・一代男・六〉

おたあ‐さま【母様】

《「対の屋」に住んだところから》母を敬っていう語。宮中・宮家公家、また、東西本願寺両家などの家庭で用いる。おたたさま。⇔御父様(おもうさま)

おたた‐さま【母様】

おたあさま」に同じ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おかあさま【御母様】

母親を敬っていう語。「おかあさん」より丁寧な言い方。

おたあさま【御母様】

貴族・公家などの子弟が使う「母」の尊敬語。おたたさま。 ↔ おもうさま 〔対屋たいのやに住む人の意か。室町時代、宮中や貴族の家の幼児語だったという〕

おたたさま【御母様】

おたあさま(御母様) 」に同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

御母様の関連キーワード幼児語御父様母親豪商貴族合体

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android