コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

お市 おいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

お市 おいち

1568-1601 織豊時代の女性。
永禄(えいろく)11年生まれ。陸奥(むつ)田舎館(いなかだて)城(青森県)城主千徳(せんとく)政武の妻。天正(てんしょう)13年津軽為信(ためのぶ)に攻められて政武以下が戦死したとき,子らと城を脱出。16年後に為信が清水森(しみずもり)(弘前(ひろさき)市)でおこなった敵味方の戦死者供養大法会にあらわれ,慶長6年3月10日弔慰文と辞世をよんで自害した。34歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

お市の関連キーワードセナパティ足利義栄足利義昭足利義栄足利義栄安土桃山時代織豊政権カーノ向羽黒山城向羽黒山城跡

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

お市の関連情報