コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小谷の方 おたにのかた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小谷の方
おたにのかた

[生]天文16 (1547)?. 尾張
[没]天正11 (1583).4.24. 越前,北庄
戦国時代の武将織田信秀の娘,織田信長の妹。名は市(いち)で,お市の方とも呼ばれる。永禄10(1567)年頃,近江小谷城主浅井長政と結婚した。天正1(1573)年信長が小谷城に浅井氏を滅ぼしたが,落城の際に茶々(ちゃちゃ),初(はつ),江(ごう)の 3人の娘を連れ城を脱出。同 10年に越前北庄の柴田勝家と再婚。同 11年勝家が豊臣秀吉に攻められると,娘 3人を脱出させ,北庄城で夫とともに自害した。逃れた長女茶々はのちの秀吉の側室淀君,二女初は京極高次の室常高院,三女江は徳川秀忠の室崇源院である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

小谷の方【おだにのかた】

お市(いち)の方

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

朝日日本歴史人物事典の解説

小谷の方

没年:天正11.4.24(1583.6.14)
生年:天文16(1547)
戦国時代の近江国小谷城(滋賀県東浅井郡)城主浅井長政の妻,のち越前北庄城(福井市)城主柴田勝家の妻。織田信長の妹,名は市。永禄10(1567)年ごろ,信長の政略により長政に嫁し,1男3女を生む。信長の越前攻めに際し,夫長政は朝倉氏との盟約を守って信長を挟撃した。このとき小谷の方は小豆の袋の前後を結んで送り,信長に浅井方の包囲を暗示したともいう。天正1(1573)年信長によって小谷城は落城,小谷の方は,3人の娘と共に一時信長の清洲城に引きとられ,信長没後の同10年,柴田勝家と再婚した。その後,羽柴(豊臣)秀吉は織田家継嗣を巡って勝家と対立し,翌11年北庄城を攻める。小谷の方は,城を出るようにとの夫の説得も受け容れず,3人の娘を秀吉に預け,夫と共に城を焼き自害した。長女お茶々はのちに秀吉の側室(淀殿),次女お初は京極高次の正室(常高院),3女お江与は徳川秀忠の正室(崇源院)となり,それぞれが豊臣・徳川家の興亡に深くかかわった。墓所は福井市の西光寺。<参考文献>高柳光寿『青史端紅』,桑田忠親『淀殿』

(西村圭子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

おだにのかた【小谷の方】

1547~1583) 戦国時代、織田信長の妹。幼名、いち。小谷城主浅井長政に嫁し、三女(秀吉の側室淀君、京極高次の室常高院、徳川秀忠の室崇源院)と二男を産む。浅井氏滅亡ののち柴田勝家に再嫁し、越前北庄に赴いたが、秀吉に攻められて勝家とともに自刃。美貌の誉れ高かった。お市の方。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小谷の方
おだにのかた
(1547―1583)

戦国時代の女性。名はお市(いち)。織田信秀(のぶひで)の娘で信長の妹。1567年(永禄10)末か翌年初めに北近江(おうみ)の戦国大名浅井長政(ながまさ)に嫁いだ。長政の居城小谷にいたため、この名でよばれた。輿(こし)入れの年次については64年説、61年説もある。いずれにせよ、信長が上洛(じょうらく)のための布石として長政と同盟を結ぶための政略結婚であった。73年(天正1)の小谷落城のときには3人の娘(茶々(ちゃちゃ)、初(はつ)、小督(おごう))とともに城を出て、のち82年、甥(おい)信孝の計らいで柴田勝家(しばたかついえ)と再婚させられ、越前(えちぜん)北庄(きたのしょう)に赴いている。翌83年、勝家と羽柴(豊臣(とよとみ))秀吉が賤ヶ岳(しずがたけ)に戦い、勝家が敗れたため、北庄城に籠城(ろうじょう)し、秀吉の軍勢に攻められ、夫勝家とともに自刃した。[小和田哲男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

小谷の方の関連キーワード浅井長政(あさいながまさ)須賀谷温泉藤懸永勝高柳光寿お犬幼名誉れ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小谷の方の関連情報