中皿

デジタル大辞泉プラス「中皿」の解説

中皿

けん玉のひとつ。を下にたらした状態からまっすぐ引き上げて中に乗せる基本的な技。2000年、日本けん玉協会により「けん玉の技百選」に選定された。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

精選版 日本国語大辞典「中皿」の解説

ちゅう‐ざら【中皿】

〘名〙 中くらいの大きさの皿。
※人情本・明烏後正夢(1821‐24)二「中皿(チウザラ)に鰯のぬたも、生茹の葱和雑て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の中皿の言及

【皿】より

…なかでも肥前の有田焼,加賀の九谷焼などではろくろ技術も高度になって見事な大皿がひかれ,華麗な染付や色絵磁器を焼き,前者はヨーロッパへも渡っている。また佐賀鍋島藩の藩窯鍋島焼は,その製品の大部分が皿で,大皿(径1尺),中皿(5~7寸),小皿(3寸)という規格も整い,やがて皿の大小の規準はこれに準ずることとなった。有田などは豪華な製品ばかりでなく日常食器としても大量の皿を焼き,皿屋窯が陶磁窯の代名詞ともなった。…

※「中皿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android