コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中皿 ちゅうざら

デジタル大辞泉プラスの解説

中皿

けん玉の技のひとつ。玉を下にたらした状態からまっすぐ引き上げて中皿に乗せる基本的な技。2000年、日本けん玉協会により「けん玉の技百選」に選定。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典内の中皿の言及

【皿】より

…なかでも肥前の有田焼,加賀の九谷焼などではろくろ技術も高度になって見事な大皿がひかれ,華麗な染付や色絵磁器を焼き,前者はヨーロッパへも渡っている。また佐賀鍋島藩の藩窯鍋島焼は,その製品の大部分が皿で,大皿(径1尺),中皿(5~7寸),小皿(3寸)という規格も整い,やがて皿の大小の規準はこれに準ずることとなった。有田などは豪華な製品ばかりでなく日常食器としても大量の皿を焼き,皿屋窯が陶磁窯の代名詞ともなった。…

※「中皿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

中皿の関連キーワードつるし一回転灯台秘竜のぼりけん段違いもしかめヨーロッパ一周トルネード中皿灯台とんぼ返りうずしお灯台空中ブランコろうそく返し銀河系一周つるし灯台エベレスト一回転灯台はやて中皿ふりこ灯台あやとり宇宙一周地方一周もしかめおみこし

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中皿の関連情報