コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かんころ餅 カンコロモチ

デジタル大辞泉プラスの解説

かんころ餅

長崎県五島列島の郷土菓子。半茹でにした薄い輪切りのサツマイモを天日干しにし、餅と混ぜたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

かんころ餅[菓子]
かんころもち

九州・沖縄地方、長崎県の地域ブランド。
五島市・西海市・佐世保市などを中心に長崎県内各地で製造されている。特に五島地方では古くからつくられていたという。かんころとは、さつまいもを切って冬に干したもの。これをもち米と一緒に蒸し上げてついたものが、かんころ餅である。当初は保存食であったが、現在では特産品として販売されている。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

かんころ餅の関連キーワード五島市

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

かんころ餅の関連情報