コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐世保市 させぼ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐世保〔市〕
させぼ

長崎県北部,北松浦半島南部に位置し,佐世保湾大村湾に臨む市。東部で佐賀県に接する。五島列島北方の宇久島と寺島を含む。1902年市制施行。1954年黒島村,柚木村,1955年折尾瀬村,江上村,崎針尾村,1958年宮村をそれぞれ編入。2005年世知原町,吉井町,2006年宇久町,小佐々町,2010年江迎町,鹿町町を編入。中心市街地の佐世保は明治初期には一寒村にすぎなかったが,1886年に海軍基地,1890年に海軍工廠が設置され,さらに炭鉱の開発,鉄道の開通によって急速に発展した。第2次世界大戦後も旧海軍基地にアメリカ軍基地,自衛隊基地が置かれ,依然基地の町の性格が強い。炭鉱は最盛期には 23を数えたが,1972年完全に閉山。北部には北松炭田(→佐世保炭田)があった。旧海軍工廠は民間の大造船企業,佐世保重工業となり,市の基幹産業となった。旧海軍跡地の針尾島工業団地など,市周辺では工業団地の造成が進み,食品加工業などが発達。早岐瀬戸にある早岐は市の南の玄関口で,工業団地,住宅団地が多い。相浦地区の真申(まさる)には火力発電所や工業団地がある。三川内では伝統の平戸焼が生産される。島嶼部や沿岸部では一本釣りや養殖漁業が行なわれる。小佐々ではいりこを特産。五島文化発祥の地と伝えられる宇久は五島牛の放牧で有名。アワビなどの摂取特権がある海士(あま)の集落がある。瀬戸越の泉福寺洞穴遺跡,吉井の福井岩陰,鹿町の大野台支石墓群は国指定史跡。中心市街地周辺の弓張岳烏帽子岳,石岳は平戸島九十九島五島列島などを望む好展望地。石岳中腹には 1961年に開園した佐世保市亜熱帯動植物園がある。1992年3月大村湾に面した針尾島の埋立地にハウステンボスが開園。九十九島一帯は宇久島とともに西海国立公園に,市の北部は北松県立自然公園に属する。JR佐世保線,大村線,松浦鉄道のほか国道35号線,202号線,204号線などが通り,西九州自動車道のインターチェンジがある。針尾島の南端には西海橋がかかり,西彼杵半島と陸上交通で結ばれる。佐世保港から宇久島まではフェリーで結ばれ,鹿子前から九十九島,平戸島などへ遊覧船が発着する。面積 426.06km2。人口 25万5439(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

佐世保市の関連キーワード長崎県佐世保市江迎町梶ノ村長崎県佐世保市江迎町飯良坂長崎県佐世保市宇久町太田江長崎県佐世保市江迎町上川内長崎県佐世保市江迎町小川内長崎県佐世保市江迎町田ノ元長崎県佐世保市江迎町志戸氏長崎県佐世保市宇久町大久保長崎県佐世保市江迎町奥川内長崎県佐世保市江迎町北田長崎県佐世保市江迎町栗越長崎県佐世保市江迎町箙尾長崎県佐世保市江迎町埋立長崎県佐世保市江迎町猪調長崎県佐世保市江迎町末橘長崎県佐世保市江迎町中尾長崎県佐世保市江迎町乱橋長崎県佐世保市江迎町三浦長崎県佐世保市江迎町根引長崎県佐世保市江迎町七腕

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐世保市の関連情報