コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

くじゅう連山 くじゅうれんざん

2件 の用語解説(くじゅう連山の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

くじゅう連山【くじゅうれんざん】

大分県中部の活火山群。九州の最高峰中岳(1791m)と大船(だいせん)山(1786m),涌蓋(わいた)山,黒岳など1500m以上の山々が連なり,第三系の堆積岩火山岩類の基盤を安山岩質溶岩,砕屑(さいせつ)物などがおおう。
→関連項目久住[町]九重[町]タデ原湿原日本百名山坊ガツル南小国[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本の地名がわかる事典の解説

〔大分県〕くじゅう連山(くじゅうれんざん)


大分県西部、熊本県境近くに噴出した火山群の総称。九州本島第一の高峰中(なか)岳(標高1791m)・久住(くじゅう)山(同1787m)をはじめ、1300~1700m級の火山が連なる。深田久弥(ふかだきゅう)「日本百名山」の一つ。中央部を占める中岳・久住山・星生(ほっしょう)山などの久住火山群、その東の大船(たいせん)山・黒(くろ)岳などの大船火山群、西側の猟師(りょう)岳・黒岩(くろいわ)山などの黒岩火山群に大別できる。北麓(ほくろ)に飯田(はんだ)高原と九重温泉郷、南麓(なんろく)に久住高原があり、やまなみハイウエーが縦断する。阿蘇(あそ)くじゅう国立公園の一中心。久住山などのコケモモ群落、大船山ミヤマキリシマ群落は国指定天然記念物。ほかに山腹各所でシャクナゲの群落がみられる。九重連峰九重連山とも。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

くじゅう連山の関連キーワード寒風山金峰山九重山守門岳白頭山噴出岩焼岳塊状火山噴出溢流岩

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

くじゅう連山の関連情報