コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九重 キュウチョウ

9件 の用語解説(九重の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きゅう‐ちょう〔キウ‐〕【九重】

いくえにも重なること。「錦衣九重
宮中。宮廷。ここのえ。

ここの‐え〔‐へ〕【九重】

物が九つ、または、いくつも重なっていること。また、その重なり。
「―に霞隔てば」〈・真木柱〉
《昔、中国の王城は門を九重につくったところから》宮中。禁中。
「みづからは―の内に生ひ出で侍りて」〈・少女〉
宮中のある所。帝都。
「鄙(ひな)の都路隔て来て、―の春に急がん」〈謡・田村

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

九重【ここのえ】

乾菓子に砂糖を引いた掛物菓子の一種。餅(もち)を細かく切って炒(い)って芯(しん)とし,ユズ入りの黄色い砂糖液をかけて粒状にしたもので,熱湯を注いで飲む。かおりがよく砂糖液はとけて芯が浮き上がる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

九重

宮城県仙台市、九重本舗玉澤が製造・販売する銘菓。あられ球の粒に柚子、ぶどう、茶の風味をつけた糖衣を絡めたもので、湯や水を注いで飲む。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

きゅうちょう【九重】

いくえにもかさなっていること。
天子の住む所。宮中。ここのえ。

くじゅう【九重】

九段階からなること。九層に重なっていること。
幾重にも重なっていること。
内裏。皇居。 「 -の宮の内に遊戯ゆげし給ふこと/栄花 本の雫

ここのえ【九重】

物が九つ重なっていること。また、物が幾重にも重なっていること。 「 -の花のうてなを定めずは/拾遺愚草」
(昔、中国で王城の門を幾重にも造ったことから)
皇居。宮中。 「 -の内の灯火をかい消ちたるやうにもあり/栄花 月の宴
皇居のある所。都。 「夜中に-の内を紛れ出でて/平家 3

ここのえ【九重】

大分県西部、玖珠くす郡の町。玖珠川上流に位置。温泉が多く、大岳温泉には地熱発電所がある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

九重
ここのえ

宮城県仙台市の名菓。香煎(こうせん)の一種であるが、掛け物の部類にも入る。餅(もち)を麻の実大に刻み、ユズ、ブドウ、挽茶(ひきちゃ)の入った糖蜜(とうみつ)を煎(い)りながらまぶす作業を繰り返す。これをカップに適宜入れて熱湯を注ぎ、粒状の餅が浮き上がったところで飲料とする。同種の菓子に、新潟県の柚香理(ゆかり)がある。いずれも原料は、やせ田の早生糯米(わせもちごめ)を最上とする。[沢 史生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

九重の関連情報