コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釣女 つりおんな

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

釣女
つりおんな

歌舞伎舞踊曲。常磐津。本名題『戎詣 (えびすもうで) 恋釣針』。 1883年常磐津と岸沢の家元対立を和解する披露曲として作られた。歌舞伎での初演は 1901年東京座。河竹黙阿弥作 (のちに竹柴晋吉補筆) ,6世岸沢式佐作曲,1世花柳寿輔振付。狂言の『釣針』に基づく松羽目物大名太郎冠者を供に西宮の戎神社に参詣し,妻を授かりたいと念ずると,釣針が与えられる。それで釣りをすると,大名には上臈 (じょうろう) が釣れるが太郎冠者には醜女が釣れてしまうというもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

つりおんな〔つりをんな〕【釣女】

歌舞伎舞踊。常磐津(ときわず)。河竹黙阿弥作詞、6世岸沢古式部作曲。明治16年(1883)常磐津・岸沢両派の和解の披露曲として初演奏。同34年東京座で「戎詣恋釣針(えびすもうでこいのつりばり)」の名題で初演。狂言「釣針」を脚色した松羽目(まつばめ)物。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つりおんな【釣女】

狂言の一。「釣針つりばり」に同じ。
歌舞伎舞踊の一。常磐津。河竹黙阿弥作詞。六世岸沢式佐作曲。狂言の「釣針」の舞踊化。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

釣女の関連キーワード中村 勘三郎(17代目)岸沢 式佐(6代目)花柳寿輔(初代)鶴沢道八(1世)さっしゃる歌舞伎舞踊花柳勝次郎日本舞踊常磐津節御方様てんと

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

釣女の関連情報