コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釣女 つりおんな

4件 の用語解説(釣女の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

釣女
つりおんな

歌舞伎舞踊曲。常磐津。本名題『戎詣 (えびすもうで) 恋釣針』。 1883年常磐津と岸沢の家元対立を和解する披露曲として作られた。歌舞伎での初演は 1901年東京座。河竹黙阿弥作 (のちに竹柴晋吉補筆) ,6世岸沢式佐作曲,1世花柳寿輔振付。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

つりおんな〔つりをんな〕【釣女】

歌舞伎舞踊。常磐津(ときわず)。河竹黙阿弥作詞、6世岸沢古式部作曲。明治16年(1883)常磐津・岸沢両派の和解の披露曲として初演奏。同34年東京座で「戎詣恋釣針(えびすもうでこいのつりばり)」の名題で初演。狂言「釣針」を脚色した松羽目(まつばめ)物。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つりおんな【釣女】

狂言の一。「釣針つりばり」に同じ。
歌舞伎舞踊の一。常磐津。河竹黙阿弥作詞。六世岸沢式佐作曲。狂言の「釣針」の舞踊化。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

釣女の関連情報