コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

くろがね製 95式軍用四輪起動車

日本の自動車技術240選の解説

くろがね製 95式軍用四輪起動車

豊川順弥の白揚社でオートモや、アレス号の開発に加わった蒔田鉄司は、日本自動車に移り、JAC二輪や、オート三輪のニューエラーと、くろがねの設計と製作を担当する。1932年に会社は日本内燃機となり、陸軍の指示で岡本自転車、ダイハツ工業、トヨタ自動車などと共に小型四輪起動乗用車の開発戦争に加わる。結果として本車が正式採用となり、95式であるいは98式乗用車として量産に移ることとなる。特色は空冷エンジンで軽量なことと、大径車輪で悪路走行性に勝れている点にある。トヨタ、ダイハツは水冷4気筒でやや重量が重く、シャシー廻りはくろがねとほゞ同じであったが、等速ジョイント等もワイスやツエッパ式をねらったが、工作が難しく、くろがねの簡易十字型に負けている。保管場所日本自動車博物館 (〒923-0345 石川県小松市二ツ梨町一貫山40)
製作(製造)年1936
製作者(社)日本内燃機、 蒔田 鉄司
資料の種類量産車
現状展示(動態)・公開
車名くろがね四輪起動車
モデル名95式軍用車
会社名日本内燃機工業
製作開始年1936
設計者蒔田鉄司
車種・用途軍用小型乗用車
実車所在/模型日本自動車博物館
スタイルフェートン
ドア数2ドア
乗員2名
車両重量約1060kg
エピソード・話題性アメリカのジ-プ(1940年)より4年早い開発
構造鋼板プレス
バンパー鋼管
ステップなし
全長3550mm
全幅1250mm
全高1500mm
タイヤサイズ゙6.00-18in
特徴4800台生産
フレーム鋼板、梯子型
前軸独立DWB、コイル
後軸リジッド、縦1/2リーフ
軸距2000mm
前トレッドx後トレッド1250mm
車高調整なし
ステアリング丸ハンドル
スタビライザーなし
走行安定装置なし
特徴ショート・ホイールベースに大径車輪。アプローチアングル大、悪路走行性良い。
冷却/気筒配列空冷/V2
弁機構OHV
気化器アマル式
内径x行程95×98mm
排気量1399cc
最高出力/回転数33HP/3300rpm
排気浄化排気マフラーのみ
過給機なし
可変システム点火時期自動式
特徴空冷エンジンゆえ寒冷地で整備が楽、不凍液がない時代
ハイブリッドシステム形式なし
変速機MT4
駆動方式4WD
モード燃費-
参考文献影山 夙、走れ四輪駆動車、三海堂(1977年)
その他事項シャシー重量:900kg;前照灯:2電灯;ワイパー:バキュウム;ウォッシャ:なし;足ブレーキ:ロッド式4車輪;手ブレーキ:後2輪ワイヤー付;比出力:23.5HP/L;最終減速:ディファレンシャル付;最高速度:80km/h

出典 社団法人自動車技術会日本の自動車技術240選について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android