ぐう(読み)グウ

デジタル大辞泉の解説

ぐう[名]

じゃんけんで、片手を握ってこぶしの形で出すもの。石。

ぐう[副]

[副]
呼吸がつまったり、物がのどにつかえたりして苦しいときに発する声を表す語。「ぐうの音(ね)も出ない」
空腹のときに腹の鳴る音を表す語。「腹の虫がぐうと鳴く」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぐう

じゃんけんで、握りこぶしのこと。石。

ぐう

息や喉が詰まったときに出る音。また、苦しい状況においこまれたときに出す声。
[句項目] ぐうの音も出ない

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぐうの関連情報