コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぐう グウ

デジタル大辞泉の解説

ぐう[名]

じゃんけんで、片手を握ってこぶしの形で出すもの。石。

ぐう[副]

[副]
呼吸がつまったり、物がのどにつかえたりして苦しいときに発する声を表す語。「ぐうの音(ね)も出ない」
空腹のときに腹の鳴る音を表す語。「腹の虫がぐうと鳴く」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぐう

じゃんけんで、握りこぶしのこと。石。

ぐう

息や喉が詰まったときに出る音。また、苦しい状況においこまれたときに出す声。
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ぐうの関連キーワード気長足姫尊・息長帯比売命佐賀県神埼市神埼町神埼青森県八戸市廿六日町仮殿遷宮・権殿遷宮出で座しの宮豊受大神宮宇佐八幡宮息長足媛命伊勢大神宮英彦山神社金毘羅様金毘羅宮二所宗廟仮殿遷宮酒垂山腹の虫多気宮皇太子行在所豊受宮

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぐうの関連情報