ぐう(読み)グウ

デジタル大辞泉の解説

ぐう[名]

じゃんけんで、片手を握ってこぶしの形で出すもの。石。

ぐう[副]

[副]
呼吸がつまったり、物がのどにつかえたりして苦しいときに発する声を表す語。「ぐうの音(ね)も出ない」
空腹のときに腹の鳴る音を表す語。「腹の虫がぐうと鳴く」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぐう

じゃんけんで、握りこぶしのこと。石。

ぐう

息や喉が詰まったときに出る音。また、苦しい状況においこまれたときに出す声。
[句項目] ぐうの音も出ない

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぐう

〘名〙 じゃんけんの時に、手を握ってこぶしにして出すこと。石。

ぐう

〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 呼吸がつまったり、物がのどにつかえたりした苦しい時に発する声や、苦しい状況に追いこまれて発する声を表わす語。
※人情本・閑情末摘花(1839‐41)四「先剋(さっき)からのこの騒ぎに、グウともスウとも言葉も出さず」
※坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉一「勘太郎は〈略〉自分の領分へ真逆様に落ちて、ぐうと云った」
② 空腹の時に腹の鳴る音などを表わす語。
※自由学校(1950)〈獅子文六〉自由を求めて「五百助は、腹の虫が、グウと鳴った」
③ 水などを一息に飲むさまなどを表わす語。
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一一「硝子鉢を口へあてて中の水をぐうと飲んでしまった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぐうの関連情報