一息(読み)ひといき

精選版 日本国語大辞典「一息」の解説

ひと‐いき【一息】

〘名〙
① ひと呼吸。ひと呼吸するだけの短い間。また、ひと休み。
※太平記(14C後)一七「寄手の大勢進兼て〈略〉一気(ヒトイキ)休てぞ支へける」
② (形動) 一気に事を行なうこと。休まず立て続けに努めること。また、一続きに事を行なうさま。
※太平記(14C後)二九「城をば一息(イキ)に攻落すべかりしを」
※行人(1912‐13)〈夏目漱石〉兄「猛烈で一息(ヒトイキ)な死に方がしたいんですもの」
③ 少しの努力。ひとふんばり。
※二人女房(1891‐92)〈尾崎紅葉〉下「最(もう)一息(ヒトイキ)威が付いての」
④ ひところ。一時。
※浪花聞書(1819頃)「ひといき ひと比なり」

いっ‐そく【一息】

〘名〙
① 一回息を吐いて、吸うこと。一呼吸。ひといき。また、ごく短い時間のたとえにいう。〔日葡辞書(1603‐04)〕〔陸雲‐歳暮賦〕
② (「に」を伴って副詞的に) あいだをおかず、一気にものごとをおこなうさま。ひといき。
※玉塵抄(1563)三八「湯をわかすにもはったとつをう火をたいて一そくにわかすがよいぞ、薬を煎ずるにも火をつをうして一そくに煎ずるがよい」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「一息」の解説

ひと‐いき【一息】

一度息をつくこと。一呼吸。また、ひとやすみ。「一息入れる」「これで一息つける」
一呼吸するだけの短い間。一気。「ぐっと一息で飲み干す」
仕事などを休まずにやってしまうこと。「一息に書きあげる」
すこしの努力。ひとがんばり。「もう一息頂上だ」
[類語](2少ない少し少しく少少ちょっとちょいとちとちっとちょっぴりいささかいくらかいくぶんやや心持ち気持ち多少若干二三少数少量僅僅わずか数えるほどたったただたかだかしばらくなけなし低い手薄少なめ内輪軽少軽微微弱微微微少僅少些少最少微量ちびちび一つまみ一握り一抹紙一重雀の涙鼻の差残り少ないちょこっとちょこんとちょっこりちょびちょびちょびっとちょぼちょぼちょろりちょんびりちょんぼりちらり爪の垢小口ささやか寸毫プチ/(3一気に一挙に一気呵成一度に一斉一時いちじ一時いちどき一遍に一足飛び等しい共に同時に

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android