コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

領分 リョウブン

2件 の用語解説(領分の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

りょう‐ぶん〔リヤウ‐〕【領分】

領有している土地。領地。「他国の領分を侵す」
権限・能力などの及ぶ範囲。勢力下にある領域。「営業部の領分に立ち入る」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の領分の言及

【安堵】より

…【笠松 宏至】
[近世]
 江戸時代には主君から給与された所領知行は一代限りという原則のもとに,相続は許可制をとり,将軍代替りの際には判物(はんもつ)あるいは朱印状によって継目安堵が行われ,大名よりは判物や黒印状をもって行われた。朱印状によって安堵された所領は総称して朱印地というが,大名領が領分,旗本領が知行所と呼ばれるのに対し,狭義には寺社領のみを指す。これに対し大名による安堵地を黒印地という。…

※「領分」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

領分の関連情報