ぐびりぐびり(読み)グビリグビリ

デジタル大辞泉の解説

ぐびり‐ぐびり

[副]のどを鳴らしながら酒などをたくさん飲むさま。「ぐびりぐびり大杯を傾ける」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぐびりぐびり

( 副 )
のどを鳴らしながら酒などを多量に飲むさま。ぐびぐび。 「 -(と)大杯をほす」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぐびり‐ぐびり

〘副〙 (「と」を伴って用いることもある) のどを鳴らして酒などを飲むさまを表わす語。また、時間をかけて多量に飲むさまにいう。
※郊外(1900)〈国木田独歩〉三「大蹲居(おほあぐら)をかいて、例の四合の薬をぐびりぐびり飲(やっ)て居る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android