けらく

精選版 日本国語大辞典「けらく」の解説

けら‐く

(回想の助動詞「けり」のク語法) 主として上代に使われ、中古初期にも用例が見える。…であったことには。…であったことよ。
※続日本紀‐天平宝字元年(757)七月二日・宣命「今宣はく、頃者(このごろ)王等(おほきみたち)臣等の中に、礼(ゐや)無く逆(さかしま)なる人どもありて計り家良久(ケラク)大宮を囲(かく)まむと云ひて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「けらく」の解説

けら‐く

《過去の助動詞「けり」のク語法》…であったこと。…であったことには。
「神代より言ひ継ぎ―」〈・四一〇六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android