けれど(読み)ケレド

デジタル大辞泉の解説

けれど[接]

[接]接続詞「けれども」に同じ。「僕だってそしたい。けれどできない」

けれど[接助・終助]

[接助]接続助詞「けれども」に同じ。「いい本だけれど、ちょっとむずかしい」
[終助]終助詞「けれども」に同じ。「もっと若い人だといいんだけれど

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

けれ‐ど

[1] 〘接助〙 =けれども(一)
※浄瑠璃・薩摩歌(1711頃)中「けふのはたらき半日払ひにせふけれど、なまなか半手間取ふより頼みの祝ひに皆進上にさっしゃれと」
[2] 〘接続〙 =けれども(二)
※雑俳・折句袋(1779)「けれど飯(まま)たべにゃひもじい天赦日(てんしゃにち)
[語誌]逆接接続助詞「ども」「ど」が共存したことの類推によって「けれども」から「けれど」が生じたと見られる。→「けれども」の語誌

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

けれどの関連情報