こきりこ(小切子∥筑子)(読み)こきりこ

世界大百科事典 第2版の解説

こきりこ【こきりこ(小切子∥筑子)】

日本の楽器。中世ごろから使用された竹製の打楽器。とくに踊り手が両手に持って打ち合わせたり,曲打ちのようなことをしたりしておもしろく拍子をとったもの。大道芸の一種である放下(ほうか)の特技として知られ,〈月見つつうたふはうかのこきりこの竹の夜声のすみ渡る哉〉(《七十一番歌合》)などとうたわれている。《嬉遊笑覧》では竹筒の中にアズキ粒を入れたものなどもあったという。現在は静岡市平野の盆踊,富山県五箇山の〈こきりこ踊〉などの民俗芸能のなかで用いられ,新潟県柏崎市女谷(おなだに)の〈綾子舞〉の演目にも〈こきりこ踊〉がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android